民のかまどはにぎはひにけり

見えないものの検証と、庶民のつぶやき(不定期更新)

08<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>10

自己紹介

抱き茗荷

Author:抱き茗荷
意識の働きや自身のルーツ探しを課題としています。

つぶやき

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

畏怖

飯を食いながら普段あまり見ないテレビニュースを見てましたが、陸前高田の「奇跡の一本松」って保存の為に切られたのですね。

「奇跡の一本松」伐採 復興のシンボルへ再生
保存処理のため、3分割された幹=9月13日、岩手県陸前高田市(矢島康弘撮影)

保存処理のため、3分割された幹

個人的な感覚ですが、目立っている木というのは御神木だという風に感じています。そういう行動に何の疑問も感じず簡単に息の根を止める事に強烈な違和感を感じました。御神木でなければいいのか?という意見もおありでしょうが、どんな山でも木は間引かなければ山自体が荒び滅びます。生活に必要な木はその間引いた木を生かす事で、山と人との共生を営んでいけると思うのです。

かつて熊野の世界遺産の木を、日が当らないという理由で切ってしまい問題となりましたが、その後の熊野の自然による淘汰は凄まじいものがありました。伊勢では遷宮の際に用いる御用材を山から頂戴する前に祝詞を詠みます。
この自然に対する畏怖の念を取り戻す事が、この混沌とした時代を平穏に治める事に繋がるものと思います。

スポンサーサイト

 | ホーム |  »

検索フォーム

注目記事1

ブログパーツ!

注目記事2

ブログパーツ!

全国の天気

今日の暦

今東光 「極道辻説法」&「和尚の遺言」

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。