民のかまどはにぎはひにけり

見えないものの検証と、庶民のつぶやき(不定期更新)

10<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>12

自己紹介

抱き茗荷

Author:抱き茗荷
意識の働きや自身のルーツ探しを課題としています。

つぶやき

喉元過ぎても忘れぬ熱さ

たまにしかテレビを見ない私ですが、見るたびに明らかに質は低下しつつあるのを実感します。この辺りは毎日見てる人には恐らく気づきにくいところだと思います。見るたび感情がマイナスの方向に動かされるものが多く、価値を感じないどころか露骨に悪影響を及ぼすものばかりになってきております。

このテレビを生かしているのはスポンサーであります。ほとんどは大企業ですが、最近は宗教組織やカルトめいた会社も増えてきており、メディアの節操の無さは日々増してきているように思えます。

とても日本とは思えないような中身の番組やスポンサーもあり、我が国の組織の頂点は既に占領されていると感じます。戦後は米国の属国とも言われていますが、そういう形での話だけではなく、意識そのものもイカれてしまったわけです。番組を見ながら垂れ流しのプロパガンダに問題意識を抱かない視聴者の何と多い事か…。

これではとてもスポンサー各社のモノを買おうなんて気になりません。『食べて応援』は最初からやってませんが(笑)、日本の大企業を応援しようという気も起きないどころか不買に傾き始めております。

最近は、どうせ応援するなら日本を本気で応援してくれた国に対し恩返しがしたいと思うようになりました。
個人的にはまず台湾ですね。

【以下wikipediaより引用】

馬英九総統は「日本側の要請を受けたら、すぐに救援隊を出動したい」と語り[1]、要請があればいつでも援助隊を出動可能な状態に待機させた[2]。中華民国外交部は11日、大地震に遭った日本政府に30万台湾ドルの義援金を送ることを表明[3]。翌12日には、1億台湾ドル(約2億8000万円)に増額した[4]。13日には被害の拡大により、被災地に援助隊を派遣することを表明。同総統は演説で、日本が1999年9月の台湾中部大地震や2009年8月の南部台風災害で台湾を支援したことに触れ、「我々も同様に積極支援する」と語った[5]。台湾の救助隊28人は3月14日午前に台北市内の松山空港を出発。同救助隊は日本に到着の後、自力で被災地に入り、救助活動に当たる計画を立てた[6]。台湾は11日に派遣の用意を表明していたが、日本側の待機要請により、各国の救助隊が日本入りする中、丸2日間の待機を余儀なくされた。台湾側外交関係者は日本政府の中国の立場への配慮を示唆している[7]。また、親日家として知られる李登輝元総統は3月12日に、日本語で「日本の皆様の不安や焦り、悲しみなどを思い、私は刃物で切り裂かれるような心の痛みを感じている」、「自然の猛威を前に決して運命だとあきらめず、元気と自信、勇気を奮い起こしてほしい」と励ましのメッセージを寄せている[8][9]。物資支援として、発電機688台,毛布1,599箱,寝袋2,587箱,スリーピングマット236箱,衣類(防寒着等を含む),4,488箱,食品16.5トン及び9,444箱,ストーブ900台,マスク404箱,カイロ150箱,飲料870箱,手袋42箱,暖房器具53台,マットレス33箱,粉ミルク895箱,マフラー21箱,ナプキン10箱,枕16箱,キルト408箱,ティッシュ20箱,トイレットペーパー30箱,懐中電灯3箱,タオル48箱,納体袋24箱を宮城県、福島県、岩手県、新潟県、山梨県に提供[10]。3月17日・18日には、チャリティー番組「相信希望 fight&smile」と「送愛到日本311震災募款晩會」(日本の311震災に愛を送る夕べ)が放送され、8億9000万台湾ドル(約24億3000万円)が集まった[11][12]。3月21日時点の義捐金の合計は15億台湾ドル(約41億円)以上に達し[13]、4月1日には100億円を突破した。これは同時期に米赤十字が発表した同国の金額を上回る[14][15]。4月15日には140億円を超え、世界各国中、最多となった[16]。その後、200億円以上となった。

800px-謝謝台湾計画_聯合報

世界人口の何十億分の一である私が出来る事は何十億分の一程度であれ、何らかの形で貢献していきたいですね。

※参考

電気屋まわり好きな人は見た事があると思われる台湾企業

・ASUS
・htc
・KINGMAX

以下の図はASUSが最近発売したzenfone5、新品で3万円を切るSIMフリーモバイル機です。
ハイスペックな割に安いので紹介させてもらました。
(折れたり、すぐ画面が割れたりするあの有名な高いスマホより全然イイと思いますが…)


※追記
zenfone2 Laserを購入しましたが、3か月で故障、またASUS日本のクレーム対応が最悪であったため前言を撤回致します。
価格.com・Amazonレビュー等に於いても同様の意見があったのでお勧め出来ません。

 | ホーム | 

検索フォーム

全国の天気

今日の暦

今東光 「極道辻説法」&「和尚の遺言」

最新トラックバック