民のかまどはにぎはひにけり

見えないものの検証と、庶民のつぶやき(不定期更新)

04<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>06

自己紹介

抱き茗荷

Author:抱き茗荷
意識の働きや自身のルーツ探しを課題としています。

つぶやき

イシャの仕組み

相手の前で無知を装い相手を増長させ最後にボロを引き出す事がネット内のケンカでよく見受けられる。
私自身駆け引きは信用を落とす上、めんどくさくて好まないのだが、これを最近使った。

相手は元々信用していない医者というヤツだ、しかもメンタル専門。

異動先の部署にこのメンタルがやられている者がいて上司として付き添わなければならなくなったのである。
私はこの精神科医といういかがわしく禍々しい職業の場に乗りこむ機会を得た事で、何を考えているか探りたくなった。
そこで私はアホを装い“先生”のお話を“拝聴”する事にした。目を合わせて口を半開きにしてまるで新興宗教の信者の如く振る舞った。

精神科医といっても、所詮大したカウンセリングも出来ず薬で暫定処置しかできないようなのばかりなので、私の下手な演技にも気づかず、正気ではない事をベラベラとのたまっていた事を覚えている。

この精神科医が言うには、治療は3年前ほどが初診だという。そして前は1年ぶり、そして半年ぶり、そして1週間ぶりと来院しているとの事。要は、悪化しているのだ。

なのに、よくもまあ、こんな事を言えるものだと思う。しかしながら、恐らくここでそれを言ったら「最終的には患者自身が完治させる気があるかないか」とか言うのだろう。

現在の部下の状態であるが、不安を感じてドキドキするたび、1日1錠しか飲んではいけない薬をドキドキするたび飲んでいるとの事、薬物依存である。勿論就業不可。

このメンタルクリニックだが繁盛していた。恐らく患者は禁断症状を抑えに来ているのだろう。

医者が処方する薬は、死ぬまでのプロセスの中で薬で症状を抑えながら少しずつ弱らせるように出来ていると感じる。飲む事で症状を発生させるものもあり、薬を飲む事で効いたような気がする、逆のプラセボ効果を産み出しているような気がするのだ。
薬をもってして症状が抑えられている状態なのであたかも薬が効いたような気がするわけだが、薬は複数処方されており必ずその中に病状を悪化させるものがあるのではと疑っている。

私は科学者では無いので予想で書いているが、もし医者でこのブログを見ている方がおられたら、私の様なB層サラリーマンさえもこのような疑いをかけている事に気づいていただきたい。

B層に気づかれたら、マクドナルドやすき家、ワタミのようになる事は間違いないだろう。商売続けたければ処置ではなく治療をする時代に入っていると思うがいかがだろうか?

 | ホーム | 

検索フォーム

全国の天気

今日の暦

今東光 「極道辻説法」&「和尚の遺言」

最新トラックバック