民のかまどはにぎはひにけり

見えないものの検証と、庶民のつぶやき(不定期更新)

07<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>09

自己紹介

抱き茗荷

Author:抱き茗荷
意識の働きや自身のルーツ探しを課題としています。

つぶやき

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時間からの解脱

ふくいちがエラい事になっている。



(8/9追記) ↑ これ消されました、代わりに壊霧載せときます。

トリチウ霧


勤務地付近の山々も靄で覆われ山の端を見られる事が少なくなった。

上記(蒸気?)の動画の現象により、湿度も高い。
この蒸気を「海霧だ!」といいきる者もいるが、そんな事をいう奴は工作員か、嫌な事から目を背ける逃避癖のある奴だ。

蒸気であるといいきれるのは私が鉄を扱う仕事に従事しているからだ。
例年なら1週間ほどはほったらかしても良かった加工品、今年は3日もせず錆びるのだ。
おかげで錆び取りという煩わしい仕事が増えてきた、今年はKURE 5-56が売れるかもしれないw

原発の蒸気が来ているという事は勿論被曝しているであろうから、これまでの様に“人生80年”というわけにはいかないだろう。

飯山一郎さんとこの掲示板を見ていると、子供を守ろうと必死なお母さんぽい方々からの智恵による助けを求めるような投稿が目立ち始めた。

命を守る事、健康でい続ける事に必死になるのはとても大事な事だ。

しかしだ、それに執着し続ける事だけでは生きてる意味はない。
人生は楽しみ苦しみ多くの経験を積まなければ積まらないではないのではないか、と思うのだ。

生きることへの執着を産み出すのは恐らく時間の概念からであろうと個人的には考える。

「我が子は何歳まで生きるべき」が子供を持つ親の中にきっとあるはずだ。
時間という思い込みの中に寿命の押し付けが湧いているのではないかという事だ。

確かに我が子が親より先に死ぬことなど考えたくもないしあってはならないと人の親なら考えるだろう。私だってそうである。
しかし、それは親のエゴかもしれないとも思うようになってきた。

同じ1日でも退屈な時もあれば充実して終わる時もあるように、24時間は同じでは無い。
それならば自分自身にも我が子にも多くの充実した機会を与える為に日々を過ごしていきたいと考えている。

その手段としての「健康を守る」「金を稼ぐ」でなければ充実した1日、人生は送れない。
我が身を生かすために口に何かを放り込む、では自分自身を家畜化している。


しかしながら、自分が生きている間にこんな時代が来るとは思っても見なかった。
しかも御先祖様や世界の殆どの人たちが経験した事のない事態だ。
だからこそ、この修羅場、腹を括って充実した時間の中で笑いながら生きてやるのである、悔いのないよう…。

スポンサーサイト

 | ホーム | 

検索フォーム

注目記事1

ブログパーツ!

注目記事2

ブログパーツ!

全国の天気

今日の暦

今東光 「極道辻説法」&「和尚の遺言」

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。