民のかまどはにぎはひにけり

見えないものの検証と、庶民のつぶやき(不定期更新)

09<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>11

自己紹介

抱き茗荷

Author:抱き茗荷
意識の働きや自身のルーツ探しを課題としています。

つぶやき

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

民のかまどより公を想ふ その5

天皇陛下を利用しようとしている連中で有名なのがネトウヨと呼ばれる思想工作員達だ。

以下は私が投げかけた問題提起に対し反応したネトウヨとの会話である。





と、まあこんな調子で自分の考えこそ陛下の本意であると言わんばかりの意味のわからない事を書き連ねていたので、私は以下のように返信した。



言いたかったのは但し書きの後に尽きる。

因みにこのネトウヨだが、以上の私のツィートを仲間に伝えるかの如くリツィートしていたが、最後のツィートだけはそれがなかった。余程目的を阻害するものであったのだろう。

このような輩を的確な言葉で嘲笑しているのが以下のツィート。



右翼の街宣車はつつましく生活している者からすればとてもガラがいいとは思えない。その車体から流れる大音響、そして愛国だの皇道だの書いてあれば皇室のイメージを貶めるのには難くない。もちろん右翼も全てが同じではない。本当に国を憂う志士もいらっしゃる。

ただ本物はそうそう表に出てこない。見ようとしても何らかの計らいが無い限り機会はそうそう訪れない。
皇統奉公衆や舎人といわれる方々は自ら表立って自己顕示はしないのではなかろうか?

偽物や安物は別だ。
特徴として押し付けがましく派手で相手から攻めてくるのだ。訪問販売やNHKに宗教勧誘、ディスカウントショップの看板や広告をみればわかると思う。
しかし面白いもので、偽物や安物には大体シッポが出ている。一例だが、以下の笑顔を「美しい日本」を作る表情とそのまま受け取れるだろうか?



続きは後日…
スポンサーサイト

 | ホーム |  »

検索フォーム

全国の天気

今日の暦

今東光 「極道辻説法」&「和尚の遺言」

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。