民のかまどはにぎはひにけり

見えないものの検証と、庶民のつぶやき(不定期更新)

04<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>06

自己紹介

抱き茗荷

Author:抱き茗荷
意識の働きや自身のルーツ探しを課題としています。

つぶやき

世界最強の聖地

若い時分は用事や作業が済んで家に帰るなり『ちょっと一服するか』と居間に座りテレビをつける習慣があった。本日は連休最終日という事もありゆっくり過ごすわけだが、午前中に用事を済ませ「たまにはテレビでもゆっくり眺めてみるか」とつけてはみたが、やはり面白くないどころか、むしろ有害指定してもよいレベルまでに落ちていた。
これは恐らく毎日視聴している方には気づかないのだろうな、とテレビ漬けになっている人を案ずるところまできてしまっている。

新聞も見ずこんな状態なので、私は現在の時事問題はあまり詳しくない。
しかしながら、ネットのお気に入りやツィッターのフォローしている方々から深層を掘り下げた情報が逐一入ってくるので非常に助かっていると共に、有害メディアに目を通す事もないので気分を害す事がそう多くない。

が、ネットを眺めているうちに前々から気にしている事が現実となり始めたツィートが入ってきた。



東海のアマちゃんのリツィートが飛び込んできた(私はフォローしていない、地震が来る事を望んでいるようにしか見えないから)
ついに神道の中に入り込んだもののけが正体を顕した。随分と拙速である。

上記の「これからは寺を回る」「もうお賽銭しない」 というのは金で神仏を動かそうとする勝手気儘な方の浅はかな主張なのでどうでもよい。
問題は改憲を進めようとする神道勢力の中身が何であり、目的は何かという事だ。

勿論、今日本という国家は戦争がしたくてウズウズしているので、軍産複合体の傀儡団体「日本会議」を主体として利用し、愛国を標榜し“私達日本大好き”PRに意を削いでいる。(本当は「日本“対策”会議」じゃないのかい?)

この拙速ともとれる自称愛国者だかは何を焦っているのか?というのは以下のリンクにヒントがいっぱい散りばめられている。

低下低下=てげてげ

さて、時として上記のように政争の具として利用される宗教だが、神道は本来宗教ではなく、名の通り『道』だ。神道にはまつろうだけなら教義はなく、あれはダメ、あれはこうすべき、といったものはない。人として最低限の所作さえあれば賽銭を入れなくても誰も咎めない。

宗教と言える神道とは、信仰心を手段とし思想を植え付け上納金を吸い上げる仕組みがあるところだ。
そして他にも現在神道最高の聖地扱いされている伊勢とアマテラスオホミノカミの位置の考え方、この位置は4次元的な意味とは異なる。これを心の中心に据えれば宗教に成り替わる。

それならば、世界最強の神、世界最強のパワースポットはどこか?

答えは「人の数だけある」が正解。
その神、そのパワースポットとは自分であり自宅にあるさらに重要なのは参拝の順序、これがキモだ。何かを決意・実行・完成させようとするとなると教義ではないが順序が発生する。料理やモノづくりと同じだ。

以下に神道を例に挙げた手順を記す。私は他の宗教や信条はよくわからないが、正の順序はみな以下に共通すると思う。

① 最強の聖地「自宅」を宮とし、家族と共に清める事、これは儀式を行うという事では無い。きれいに保つだけの話。塩を撒いたり幣を振り回すのは一番最後だし別にしなければならない事はない。
② ご先祖様にご挨拶。
③ 産土神や氏神へ参拝。
④ 自分が好きだと感じた聖地に行く。勿論これは別に神社仏閣とは限らない。

※科学的根拠は不明、実践・実証による。よって唯物論者は信じるに値しない。

多くの人は自らの信じた聖地へ神様に逢い祈りに行くのが目的だろう。
しかし、私幣禁断、自らの決意表明する場とし上記の手順を守らなければ神に逢う事はない(違えればむしろ状況が悪化する)。そしてその神様とは個別の人格では無いという事を理解しなければならない。たぶん神様というイメージでみんなパッと頭に浮かぶのは以下の様な感じではなかろうか?

kamisama.png

勿論こんな人出てこない(笑)

神様とは偶然性の高いところに及ぶ力そのもの、例えば人との出会いがそれに当たる。どんな人と出会ったかで人の人生は大きく変わる。努力もしないで得た泡銭なんかもそうだ(これは自分に使うと金額相当のしっぺ返しを食らう)。

今我が国は、家族や親族、ご先祖を蔑ろにし愛国心から事を始めようとしている。これを良しとする者はそのまま行けばいいが、全てはその者に帰ってくる事、自分の蒔いた種は自ら刈り取るだけである。

いろいろ書いたが、神社や神道の評判はどうでもいいが無くしてはならない。どんな都会の喧騒にも侵されない聖域がなければその地域は息が詰まる、そんな意味でも浄化の機能を果たしている。鎮守の杜には何の罪もなく、穢れを呼ぶのはいつも人である。そんな人と自然の真ん中にあり、両者を和える役割を担っている神社はとても大切な存在でありなくしてはならないと強く感じるのだ。

 | ホーム | 

検索フォーム

全国の天気

今日の暦

今東光 「極道辻説法」&「和尚の遺言」

最新トラックバック