民のかまどはにぎはひにけり

見えないものの検証と、庶民のつぶやき(不定期更新)

04<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>06

自己紹介

抱き茗荷

Author:抱き茗荷
意識の働きや自身のルーツ探しを課題としています。

つぶやき

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

名づけはムズイが役に立つ

久々にページをいじりました、変化点はフィードの消去です。

前までは某ブログを3つほど表示していたわけですが、今年に入り私自身がこれをほとんど見ていません。

なぜかと申しますと、これらのブログは有事には瞬間的に威力を発揮するものではありますが、実質有事あっての存在感となっており、いわゆる左巻きと同じ性質を有しているからであります。対象に問題が発生しないと儲からないんですね。
前述の3ブログも今までは楽しませてもらったわけですが、建設的提案が見当たらず、問題の事象に対する評価のみとなっております。

以上のように問題に対して他人事のように評価を継続することを“祟り”と名付けました。

また、他にも東海アマや小林朝夫のような地震予知をすることで恐怖心を誘い関心を持たせ己の寂しさを紛らすものもいます。

このように、将来起きてほしくないことを統計学や再現性を鑑みず継続して予知したり予言したりする事を“呪い”としました。

以上2点の命名、的確ではないですか?
難しい言葉では認知されませんからね。


行動に名前を付けるのは認知してもらうからです。名前のないものは認知してもらえず、存在はしているが実体が掴めないのでもののけになってしまいます。

最近の若いコ達はこれがホントに上手であると思いますね。
少し古いかもしれませんが、「ドヤ顔」とか「てへぺろ」、「リア充」など…

※オヤジ殺傷能力を持つテヘペロの一例

てへぺろ


例えばドヤ顔と名付けしたことで、ドヤ顔をする心理はもう幽霊として存在することは出来ず見つけられるわけですから窮屈な事でしょう。


今回言いたかったことは、名づけとは祓いのひとつであるということです(ドヤ顔)
波動を粒子にする作業のようなものでしょうか、観察行為と似たものがあります。

今まで名づけは個体識別といったマイナンバーのような役割と思っていましたが、どうやらモノとコトでは意味合いが違うということに気づかされました。

※ドヤ顔を昇華させた一例

ドヤ顔第一位

スポンサーサイト

 | ホーム | 

検索フォーム

全国の天気

今日の暦

今東光 「極道辻説法」&「和尚の遺言」

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。