民のかまどはにぎはひにけり

見えないものの検証と、庶民のつぶやき(不定期更新)

08<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>10

自己紹介

抱き茗荷

Author:抱き茗荷
意識の働きや自身のルーツ探しを課題としています。

つぶやき

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

民のかまどより公を想ふ その6

ネトウヨはこのようにして「日本」や「日本的」を濫用する。

ここは日本にも関わらず、だ。
かつてよりこの内部にいるものはこの言葉を使う必要はないし、国旗や国歌にさえ拘る事はない。

例えば、改憲し戦争したがっている者の組織や商品の名前を見てみればわかる。

「日本会議」「My日本」や、日本賛美の書物・番組にはやたらと「日本」が枕詞として使われている筈だ。そしてこれらは近年押し付けがましく我々の眼に止まるようなところに設定されている。

彼らは『お前はそれでも日本人か?!非国民めが!!!』のフォーマットづくりに忙しい。

ただ気づいている者は多くいるようで、“日本賛美番組”と検索ワードを入れるとあとに“気持ち悪い”と出てくる。理屈抜きに体が反応する人は心身統一している証、正常だ。褒め殺しに対する防衛本能が発動している。

かといって左翼系が代替品とはならない。いつの時代もこの両翼はセットでなければ空を飛べない。



共産党の昨今の支持率や、強いる'sといった得体の知れない団体の知名度の急激な上昇がそれを示す。
共産党なんかは常に票や支持率に飢えているので、末端の党員は気持ちが昂揚しアドレナリンどくどくだろう。これで有名芸能人が支持なんかした日にゃますます戦闘的になるのは間違いない。すぐに浮かれるのがこの手の方々の悪癖だ。
『飛行機の胴体』は、この左翼の特徴である“公に認知されるとトランス状態に入る”事を明らかに知ってて仕掛けている。

この“航空会社”だが、今機長に今上陛下を据えようとしている。

本籍定まらない者達の暴走は浮遊霊よろしく霊障を振りまいている。
そんな事で成仏出来ると考えるくらいなら心の居場所を先に見つける事が先だ。

本籍を潰す事に精を出すとは本末転倒である。

続きは後日…
関連記事

COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム | 

検索フォーム

全国の天気

今日の暦

今東光 「極道辻説法」&「和尚の遺言」

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。