民のかまどはにぎはひにけり

見えないものの検証と、庶民のつぶやき(不定期更新)

08<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>10

自己紹介

抱き茗荷

Author:抱き茗荷
意識の働きや自身のルーツ探しを課題としています。

つぶやき

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

異形の王権

ブログ「人生は冥土までの暇潰し」の亀さんから先回の記事に対するコメントをいただいて異形の王権という本を薦められたので早速取り寄せようとamazonを見ていた。

511JNdz4cgL__SX324_BO1,204,203,200_

著者の網野善彦 氏の他の著書を眺めていたところ、中世の非人と遊女というのが妙に気になり、レビューを見てみると大変興味深いコメントが寄せられていたので引用させていただくことにした。

以下引用

この1冊を通して漠然と知ったのは、そういった人々が実は「穢れを払う」立場にいたこと。また、やはり定住せずに遍歴して生業を営んでいたこと。その場合、滞在するところは河原などの「無所有」の場。そういったところは「聖なる場所」と見なされていた、と言う。そして、穢れを払う彼らは、聖なる存在として認識されていたとも言う。そして同時に、それゆえに畏れられていたと言う。このことが聖別となり、後の差別に変わっていった要因のようだ。しかし、穢れを清める立場にいたが故にそれが畏れの対象となり、次第に忌避、排除の対象となっていくというのは悲しい話だ。

古代国家の制度が崩壊し始め、それらに変わる新たな時代が到来しつつあった時期に、職能集団としての彼らが誕生し、一時期は時の権力者によって制度的に組み込まれていたのは確かなようだ。それが鎌倉時代末から南北朝時代に入り、大きくなっていく過程で職能分化していった。分化した中で対立が起こり、穢れを忌避する観念が社会に浸透し、賤視・差別へと結びついていったと言う。あまりにも奥深い問題で、私には表面的なとらえ方しかできなかった…。


引用ここまで

審神・祓いの分野に興味のある私は、こちらにも大いにそそられた。
特に祓いとは、忌み嫌うとこでありながら人の避けられない業であるからだ。それは現代に於いては“不”の称号が与えられるものばかりであり負のイメージに覆われている部分である。
この業と向き合い和解するところに生きている意味さえ感じてしまうのだ。

非人や遊女の生きざまを普段の生活から窺い知れる事は今の世ではなかなかできない。
この隠れた部分に我が国の真実の一部が隠されていると私の尊敬する方々は一様に言う。

来年はここに焦点を当てていこう。

世の中が世の中だ。まずは健康第一、元気が無ければ本も読めない。
この世から“去る”歳にならないようにせねば…。

関連記事

COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム | 

検索フォーム

全国の天気

今日の暦

今東光 「極道辻説法」&「和尚の遺言」

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。