民のかまどはにぎはひにけり

見えないものの検証と、庶民のつぶやき(不定期更新)

05<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>07

自己紹介

抱き茗荷

Author:抱き茗荷
意識の働きや自身のルーツ探しを課題としています。

つぶやき

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昭和ノスタルジー

テレビやラジオにどっぷり浸かりきっていた昭和生まれの方達は、その番組のオープニングBGMに当時の情景を思いだすのではないだろうか。車でラジオなんて聴いていると時折昔のそのBGMに巡り合い昭和のノスタルジーに浸る時がある。

最近でいうと、亀さんのブログに懐かしきラジオがUPされており、しばし聴きいってしまった。




これを聴いていた頃私はまだ学生で、オールナイトニッポンを2時間聴き通した後、この「いすゞ 歌うヘッドライトOP」を聴きながらラジオつけっぱなしで寝ていたものだ。




このAMのかすれた音質は昭和の代表といっても過言ではないとおもう。なぜなら平成に入り急速にFM放送局が普及しはじめたからだ。

AMはDJの話が主流だったが、FMは音質の良さが際立った事もあり音楽がメインだったように思う。
その音質の良さを一番感じとれたのが(やはり深夜番組だが)長寿番組のジェットストリームではないだろうか?

城達也の渋い声でキザな台詞から始まるこのプログラムは、非日常的な空間を脳内で味わうにはうってつけであった。




こんなにも昔に惹かれるのはなぜだろうか?汚れきってしまった今を浄化しようとしているのか?きっと魂を過去に戻し、我が国の時間軸さえも穢れ薄き頃に戻そうとしているに違いない。

一見これは逃避行動のように思われるかもしれないが、心が洗浄を求めているだけだと思う。現実を見れば我が国に希望というものはほぼないに等しい。物質に於いても手に入れても虚無に帰すものでしかない。

しかし魂や想像は自由であり、時間制限はないものだ。

さあ、これから昔懐かしいテレビ番組OPでも探してみるか…。

※昭和感あふれるニュースのOP





関連記事

COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム | 

検索フォーム

全国の天気

今日の暦

今東光 「極道辻説法」&「和尚の遺言」

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。