民のかまどはにぎはひにけり

見えないものの検証と、庶民のつぶやき(不定期更新)

09<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>11

自己紹介

抱き茗荷

Author:抱き茗荷
意識の働きや自身のルーツ探しを課題としています。

つぶやき

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昭和ノスタルジー その2

人はなにがしかに追い込まれると原点回帰しようと保護機能が働くようです。
別に意識はしていないのですが、頭にフッと何かがよぎるのです。今年はそれが音で反映されています。

あ、追い込まれている原因ですか?大したことではないです、税金です(笑)
去年は稼ぎが大きかったのですが、今年は転職後なので収入がとても少ないんです。
住民税をあまりにもいっぱい請求されたんでびっくりしちゃったんですね(^^;

幸い私は職を選ばず体力にも自信があるので、本業とは別に裏稼業(合法)でそれをカバーしているところであります。
世の中、金が無くなると誰かのせいにして気休めしようとする「ルサンチマン」なる人種がおられるようですが、他人を責めるアゴを動かす暇があるのなら手足を動かした方が前に進めると思います。

しかしながら、さすがは中年、疲れちゃうんですね、コレが。
ここで原点回帰が働くのです。
これは一種の甘えだと思いますが、誰にも迷惑はかけないので素直に身を委ねるわけです。

そこで頭をよぎったのは2組のアーティストでした。
両組とも平成に活躍されていますが、曲調がなんとも懐かしく心が癒されます。

1組目は鈴木常吉



やっぱり電気を使わない音は落ち着きます。あ、今はアンプラグドなんて言い方しますかね。
この曲は、大好きなドラマ「深夜食堂」の挿入歌でもあります。

2組目は座敷わらしのようなバンド、
童心に帰ってお聴きください。。。




(↑童心といいつつ最後下ネタという…)

綾小路きみまろが『人はオムツで始まり、オムツで終わる』なんて言ってた気がしますが、平成が間もなく終わろうとしているにも関わらず昭和のテイストを求め続ける我が身にそれは間違っていないなと感じる今日この頃。。。



関連記事

COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム | 

検索フォーム

全国の天気

今日の暦

今東光 「極道辻説法」&「和尚の遺言」

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。