民のかまどはにぎはひにけり

見えないものの検証と、庶民のつぶやき(不定期更新)

09<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>11

自己紹介

抱き茗荷

Author:抱き茗荷
意識の働きや自身のルーツ探しを課題としています。

つぶやき

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

決着は土俵の上で

1月14日からいよいよ大相撲が始まるわけですが、昨年のあの騒ぎがいまだ続いており、盛り上がりに水を差すのではないかという雰囲気です。

もうすでにモノマネも…

ガリットチュウ

参考までに、この方、こういうのもやっています、
結構好きです。

リアルサスペンス

話が大幅に逸れましたが、今回のこの騒動、一ファンとして私感を述べさせていただくなら、

どっちもどっち!

と言わせていただきます。

暴力の件に関してではないです。
その件は相撲取り同士の話なので暴力といえるレベルかどうかが素人にはわかりません。
それよりも今回の対立軸は別の部分にあると考えております。

まず、私が過去記事で紹介したことのある2本の動画を再度アップします。



この取り組みに対する>コメント欄を見ていただくと以下のニュースも理解出来ると思います。

元寺尾の錣山親方が時津風一門を離脱 貴乃花親方の支援が目的か

錣山親方

そして、千代の富士に引導を渡したのではないか、と言われる以下の一番



それに対するコメントで以下のようなものが…

“まだ八百長が横行していた時期だからな。貴乃花に八百長は通じなかったということです。”

知り合いの元角界関係者によりますと、当時の藤島・二子山部屋は、いわゆる“注射相撲”はご法度であったとの事。
またネットにも同じような記事がありました。

(参考)
元八百長力士告発 「注射していないのは稀勢の里と豊真将くらいや」

大相撲は競技ではなく興行なので、性質としてはプロレスなどと近いものがあります。
また白星や勝ち越し等に大きなお金が動くので、こういった取引があるのは予想がつくことです。

また、もし全てがガチンコだった場合、子供に見せられるレベルのものではなくなるでしょう。脳震盪・骨折・顔面切創は当たり前となり、土俵は赤く染まりR-15相当になることと思います。
そうなりますと、休場者多数・放映は教育上無理となり、興行そのものが成り立たなくなることも考えられるところであります。
昭和まではその辺の絶妙なバランスで大相撲は成り立っていたと思います。
今回の騒ぎは、この絶妙なバランスが崩れ、真剣勝負側と興行側が完全に分離した感があります。

ここで私が一ファンとして言いたい事は、両者とも勝負は土俵の上で結果を出してくれということです。

特に真剣勝負側は、今批判の多い「はりさし」をも凌ぐ強さを見せてほしいと思います。
そして“注射”で作られた番付があるならば、ドカドカとそれを壊しながら上へ目指してほしいと願います。

それと、

土俵の外から、真剣勝負という「正義」を

国體の崩壊に利用しないようお願いしたい。


あと興行側につきましては、“秘め事”に常に公の精神を忘れないでいただきたいと願います。
世にある談合や賄賂、これらは法律に照らせば違法なものもありますが、それらがもし公益に適うものであれば是といって差し支えないはずです。この辺が理解できず法でしか物事を裁けないのはただのマニュアルバカです。
ただし、芝居はしっかりしていただきたい。これはどんな秘め事でも絶対要件であります。


以上、当事者でもないのに散々書かせていただきましたが、一相撲ファンの気持ちがはみ出したものと思ってご容赦ください。
巨人大鵬卵焼きじゃないけど、また子供たちが黄昏時に晩飯のニオイを嗅ぎながら釘付けになるような迫力のある相撲を魅せてくれることを願って止まないのです。


関連記事

COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム | 

検索フォーム

全国の天気

今日の暦

今東光 「極道辻説法」&「和尚の遺言」

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。