民のかまどはにぎはひにけり

見えないものの検証と、庶民のつぶやき(不定期更新)

08<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>10

自己紹介

抱き茗荷

Author:抱き茗荷
意識の働きや自身のルーツ探しを課題としています。

つぶやき

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

E爺さん鬼籍に入る

7月20日、10数年毎日欠かさず見てきたHPの更新がされていない

7月21日、7月22日、7月23日と同じことを繰り返すが、やはり更新されていない

いやな予感しかしなかったが、それは的中してしまった…


飯山一郎先生、永眠


当たり前にあると思ったものが突然なくなる、
ここで私は飯山さんを拠り所としていたことに気づいたのです

飯山さんのHPに辿り着いたのは10数年前、当時「自分は一体何者だろうか…」という疑問に駆られルーツの探求を始めました。その方面に関して全くのズブの素人であった私は書店で本を漁り、始めたばかりのネットを暇さえあれば検索しまくっていました

ブックマークは山ほどありましたが、川の中の石のように無駄なカドはどんどん削ぎ落とされ、最後まで残った数件の一つが飯山一郎のLittle HPであったわけです

ここ数年は一番信頼できる一次情報源ともなっていました

「急に安倍マンセーになった」とネット界隈で言われていましたが、それは単純に安倍総理が良い方向に進んでいることに気づいただけの話であり、信念がないとかいう話とは別次元であることにその界隈が気づいてないだけです

おかしいと思ったら修正する、感情や周囲の評価に流されない、というところが信頼できるところじゃないですか
なかなか出来ないですよ、そういうの

そうは言っても「あたしゃ無理だね!」という方も多くおられることでしょう

なぜなら飯山さんはかなり多くの方を罵倒してこられました
かつて私がツルんでいた“テネモスの工作員”と呼ばれた仲間もコテンパンにやられ、当時私も胸を痛めたものです
(わたしゃテネモスとは無関係デス)

ただですね、感じたのですよ、昭和のオヤジの厳しさと優しさを
口は悪いけど憎めないんですよ
生かすか殺すかのギリギリを攻め、その選択を本人に決めさせてると思うんだよなぁ…

自立させようとする親心そのものでしょ

他人だったらどうでもいいや、じゃないんだなぁE爺さんは
だから好きだった…


そんなE爺さんに一度だけブログを紹介してもらったことがあります

文殊菩薩

恐ろしいほど閲覧者が増えビビった記憶がよみがえります
と、同時にすごく嬉しかったことも…

そんなブログも好景気による猛烈な仕事に追われサボり気味ですが、発酵食品づくりはしっかりしてますよ
この技術を受け継いだからにはもっと技術を熟成させ子孫に受け継いでいく、これが多分E爺さんへの恩返しの一つになるような気がしています

今頃何してんだろなー
またブログにいろいろ書いてくんねえかなー

てな事思ってたらダメだな、自立せな



とにかく、いろいろ教えていただき本当に感謝してます
ご冥福を心よりお祈り申し上げます
関連記事

COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム | 

検索フォーム

全国の天気

今日の暦

今東光 「極道辻説法」&「和尚の遺言」

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。