民のかまどはにぎはひにけり

見えないものの検証と、庶民のつぶやき(不定期更新)

06<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>08

自己紹介

抱き茗荷

Author:抱き茗荷
意識の働きや自身のルーツ探しを課題としています。

つぶやき

大麻と権力

最近のニュースは大麻で賑わっています。

ニュース(1)
米メキシコ国境に麻薬密輸トンネル、マリフアナ17トンを押収[サンディエゴ 16日 ロイター]

ニュース(2)
「大麻は麻薬ではありません」大麻所持で7人逮捕(12/02 17:19)

この2つを並べたのは「ニュース(1)」のわざとらしい誤りの答えが
「ニュース(2)」にあった為です。

なぜなら、大麻は麻薬ではないですから
それは法律でもわかる事です。大麻と麻薬は法律が分かれています。

大麻取締法(昭和二十三年七月十日法律第百二十四号)

麻薬及び向精神薬取締法(昭和二十八年三月十七日法律第十四号)
第一条  麻薬及び向精神薬取締法 (以下「法」という。)別表第一第七十五号の規定に基づき、次に掲げる物を麻薬に指定する。

三十七  六a・七・八・十a―テトラヒドロ―六・六・九―トリメチル―三―ペンチル―六H―ジベンゾ〔b・d〕ピラン―一―オール(別名デルタ九テトラヒドロカンナビノール)(分解反応以外の化学反応(大麻取締法 (昭和二十三年法律第百二十四号)第一条 に規定する大麻草(次号において単に「大麻草」という。)及びその製品に含有されている六a・七・八・十a―テトラヒドロ―六・六・九―トリメチル―三―ペンチル―六H―ジベンゾ〔b・d〕ピラン―一―オールを精製するために必要なものを除く。)を起こさせることにより得られるものに限る。)及びその塩類

…との事なので。
それでは何故、大麻が悪者扱いされるのかの説明は以下のサイトに譲りたいと思います。

大麻は地球を救う
・当時、開発がすすめられていたナイロンなどの化繊にとって、帆に使えるような丈夫な布やロープから、絹に近い柔らかい繊維も取れる大麻は邪魔になってしかたがなかった。
・大麻の種から取れる機械油は、当時、市場の99%を占めていたが、これも石油化学業界にとって強敵だった。
・また大麻からセルロイドやプラスチックなどの化学製品も開発・製造され始めたが、これも石油化学業界には脅威だった。
・大麻は薬として非常に多く処方されていたが、化学薬品にとって目障りだった。
・大麻は紙にもなるが、簡単に紙が作れると市場を寡占できなくなる新聞業界のおもわくもあった。

大麻は石油に代わる天然資源です
1948年、GHQの占領政策によって大麻取締法が制定されました。
GHQの狙いは麻の産業を抑制し、日本を石油製品のマーケットにするためでした。
それ以降、日本では大麻を利用することが大幅に制限されています。


最後にもう一つ、気づかれにくい「技」を御紹介します。
「麻薬」とは元々、「痲薬」と書きます。
いつから、そして誰が「麻」に変えたんでしょうか。

あまりこういう記事を書くと、そのうち
自分のカバンに大麻入れられて逮捕されるかもw
(それが怖かったら、こんな記事書かないが…)
今までいるかもしれませんよ、そんな人。

どっちにしろ、メディアが悪く伝える人や事象は、
逆から、斜めから検証する習慣をつけていくようにすれば、
権力者が何を目的にしているかが少しずつ
透けて見えてくるようになります。



最後の解説員の戯言は、効きもしない薬を作っている会社にも言えることですねw
評論家と解説員はヒモ&御用が多いので傾聴するに値しません。

関連記事

COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://dakimyouga111111.blog.fc2.com/tb.php/19-9aa47fe2

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

検索フォーム

全国の天気

今日の暦

今東光 「極道辻説法」&「和尚の遺言」

最新トラックバック