民のかまどはにぎはひにけり

見えないものの検証と、庶民のつぶやき(不定期更新)

10<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>12

自己紹介

抱き茗荷

Author:抱き茗荷
意識の働きや自身のルーツ探しを課題としています。

つぶやき

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神社と国は合わせ鏡

ブログ名であります「民のかまどはにぎはひにけり」ですが、
第16代天皇であります仁徳天皇の御製の一部をお借りしてつけました。

この御製のいきさつを物語る内容を以下のブログより引用します。

輝かしい日本の発掘

*********************************************************
仁徳天皇は即位されて4年目、高台にのぼって見渡されました。
すると家々から炊事の煙が立上っておらず
国民は貧しい生活をしているのだと気づかれました。
そこで3年間年貢などを免除されました。
そのため天皇の着物や履物は破れてもそのままにし、
宮殿が荒れ果ててもそのままにしていました。

そうして3年、気候も順調で国民は豊かになり、
高台に立つと炊事の煙があちこちに上がっているのが見えました。
国民の生活は見違えるように豊かになりました。
それを見て天皇は喜ばれ
「自分は、すでに富んだ」と言われました。

それを耳にされた皇后は
「私たちの住んでいる皇居の垣は崩れ、雨漏りもしているのに、
どうして富んだといわれるのですか」と問われました。
すると天皇は
「昔の聖王は国民の一人でも飢え寒がる者があるときは自分を顧みて自分を責めた。
今、国民が貧しいのは自分も貧しいのだ。
国民が富んでいるのは自分も富んでいるのだ。
未だかつて人民が富んで、君主が貧しいということはあるまい」と答えられました。

やがて天皇に感謝した人々が諸国から天皇にお願いしました。
「3年も課役を免除されたために、宮殿はすっかり朽ち壊れています。
それに較べて国民は豊かになりました。
もう税金をとりたてていただきたいのです。
宮殿も修理させてください。
そうしなければ罰があたります」

それでも天皇はまだ我慢してお許しにならなりませんでした。
3年後にやっと許されると、国民はまず新しい宮殿づくりから始めました。
人々は命令もされないのに、
老人を助け、子供を連れて、材料運びに精出し、
昼夜兼行で競争して宮殿づくりに励みました。
そのためまたたく間に宮殿ができあがりました。
それ以来天皇を「聖帝(ひじりのみかど)」とあがめるようになりました。

日本の天皇は、初代の神武天皇以来、国民を「おおみたから」と呼んでいます。
国民は奴隷として搾取する対象ではなく、
宝として大切にするという姿勢です。
仁徳天皇は、その姿勢で政治を行い、困窮者を救い、病者を慰問し、
孤児や寡婦を扶助したと「日本書紀」にも書かれています。

このように天皇は国民を慈しみ、国民は天皇を敬愛して、
天皇と国民が家族的な感情で結ばれた状態を理想としてきました。
それは他の国々には見られない日本独自の伝統です。
そして皇室が古代から今日まで絶えることなく続いてきました。
*********************************************************

ちなみに私は右翼でもなんでもありません。
ただ、ここまで公(おおやけ)を持った精神に心を打たれたまでです。
今、政体に欠けているこの精神が、欠けたまま日本中に蔓延しつつあります。
それが如実に顕れるのが、ほとんどの日本人がもうすぐ行くであろう初詣です。

私の場合、大晦日から元旦に変わる時に氏神様に参拝後、
崇敬神社にて家族の健康を祈願し神楽を奉納しにいきますが、
両神社とも拝殿の前は綺麗なのですが、出店の周辺の汚い事…。
一つ言える事は、タレントの島田秀平とかいう輩がパワースポットの紹介として
神社を紹介し運気を上げよう等という言い回しも影響を及ぼしているもの要因の一つです。
神社を私的理由で道具にしようとしている発想です。

神社で祈って境内を汚す人でも政治に対し文句を言っているのでしょうが、
やっている事は全く何も変わりません。
政治家が参拝者で、国民が神社とすると全く持って同様です。
有権者の前で票欲しさに「お願いします!」を連呼し、
当選後は利権に溺れ、官僚と一緒になって税を貪り倒し国を穢すというのと
何が違うのでしょうか?

神社の御神体は鏡ですが、境内も国を映していると言えます。
政治がよくならなければ何も変わらないと人の所為にしているままでは
この国は終わりに向かうだけです。

今までは国の長から発信し民が受け取る側でしたが、今後は民から発信し
覚醒していく時代になっていくと想われます。
2012年はその発信と受信が中立の状態に差し掛かる時期になるでしょう。
現に誰も政治やメディアを信用しなくなってきていますから。
私の様な一般庶民が動くべき時が来ていると想います。
1000人イザナミが人を殺すなら、イザナギが1500の産屋を建てるかの如く、
少しずつ神社全体が綺麗になっていけば、この国も何かが変わるかも知れませんね。









関連記事

COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://dakimyouga111111.blog.fc2.com/tb.php/28-438a13ba

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

検索フォーム

全国の天気

今日の暦

今東光 「極道辻説法」&「和尚の遺言」

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。