民のかまどはにぎはひにけり

見えないものの検証と、庶民のつぶやき(不定期更新)

06<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>08

自己紹介

抱き茗荷

Author:抱き茗荷
意識の働きや自身のルーツ探しを課題としています。

つぶやき

「金やモノの奴隷」からの解放

「一国一城の主」を夢見てマイホームを買いませんか、とセールスマンが鬱陶しい。
建築・不動産・銀行が三位一体となりあらゆる手段を使って広告を打つ。
年収の低い者にまでセールスを行い、挙句払えなくなったら担保の家を持っていく。
これで銀行は安くで土地を仕入れて次に転売する。

サラリーマンの場合、家を買った途端、会社の対応が変化する所も少なくないです
なぜなら大抵の人は定年退職するまでローンがある為、会社の指示に従わなければ
ならないという弱みを経営側も知っているからであります。
そこで家購入後の転勤という事がよくあるのです。
担保というものは見えるモノだけでなく、債務者の人生も握っています。

「放射能から逃げたいけど家のローンが…」と言う人は
既に紙幣や銀行に人生を支配されていると言えます。

この支配されている大元にある精神状態とは何か?
それは「虚栄心」「見栄」そして「恐怖心」であります。

「あの家、競売にかかったらしいよ」なんて言われたくないという人、
人より貧しく見られないよう、無理して金を借りて綺麗な服を買う人、
そして金を借りた事が旦那にばれないようにする為にコッソリサラ金に行く人。
自転車操業への道は全て虚栄心から始まります。

他にも破産宣告という文字に物怖じする人の何と多い事か。
こんなもの、ただの法律上の手続きに過ぎないのですが…。
勿論、ブラックリストにも載り、資産性のある家や車は残債があれば
差し押さえられますが、ただそれだけの事です。
昔の映画のように、土に埋められて小便をかけられるような事はありませんw
贅沢せず見栄を捨てれば普通に生活出来ます。

他にも債務整理、個人再生法といった法律で減額するという方法もありますが、
破産宣告も含め、これらを行った人達は金の呪縛から解放され覚醒します。
急に追われるものが無くなり、追う要因も潰したのでスッキリするようです。
子供がなかなか出来ない夫婦が会社を倒産させた後、父さんになった話もある程です(失礼!)

私の友人は債務整理を行い、長く細く借金を返済し、汗水流して働き貯金を貯めた後
会社を立ち上げ社長になってしまいました。
他にも破産して精神性に目覚め、神社に奉仕しそこから色んな人との付き合いが
増えた人なんかもいます。物質世界から解放されて今ではモノを欲しがらない人に
変貌を遂げたのであります。

私はと言うと、個人再生経験者であります。
金やモノ等、目に見えるモノは心を完全に満たす事は出来ないという事に
気付かされました。
きっとそれまでは金やモノを得る事が目的になっていたのだろうと想います。
(バブルに頭をやられていた…)
それがわかれば見えるモノに振り回されず生きていけるので楽になった次第です。

ここに来られる方でお金に追われ苦しんでいる方がいましたら
借金との縁(円)を切っていただきたいと想います。
いかに幻を見せられていたかがわかります。
金の奴隷から解放され、覚醒後の世の中を謳歌してほしいと望みます。

なお、お金の本質については以下のブログをご覧下さい。

紙幣(日本銀行券)は国が発行していない!
通貨崩壊と近未来経済
関連記事

COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://dakimyouga111111.blog.fc2.com/tb.php/29-37e3cf89

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

検索フォーム

全国の天気

今日の暦

今東光 「極道辻説法」&「和尚の遺言」

最新トラックバック