民のかまどはにぎはひにけり

見えないものの検証と、庶民のつぶやき(不定期更新)

10<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>12

自己紹介

抱き茗荷

Author:抱き茗荷
意識の働きや自身のルーツ探しを課題としています。

つぶやき

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

感謝をカタチに

あけましておめでとうござます。
今年も当ブログをどうぞ宜しくお願いします。

今年も氏神様へ参拝し、崇敬神社へ向かいました。
縁日周辺は相変わらずの食べカスの放置、
参道はお守りを包んでいたと想われる袋など、
相変わらず神社を、「願い事を叶える便利な道具」として
「ご利用」されている方が多く残念な気持ちになりました。
昨年のお札をお返しする為に袋に入れてきたので、入るだけ拾いながら
歩き古神札所の方にお渡しし処理をお願いしました。

私の行く神社はご先祖様に縁がある場所という事もあり
少し遠方ではありますが参拝させてもらっています。
ところが近年パワースポットと言う事で人気となり、
上記の様な振る舞いを犯す人達が増えてきているのです。

拝殿前で後ろに行列が出来ているにも関わらず、
2分くらいお願い事をしている人もいましたね。
こういう方は、もう救いようがありません。

パワーをいただく事は別に悪い事ではありませんが、
言挙げだけして自分は左団扇、周りの人は知ったこっちゃないでは
誰がそんな自分勝手な人の願いを叶えるでしょうか。
「今年は賽銭奮発したから多少は叶えてくれるだろう」の発想なんかはもっての外。
結果として、キャバ嬢に貢いで裏切られるしがない男と一緒となりますw

このような参拝に陥る心象をある方がかつて仰られていましたので引用します。

『参拝でお願いばかりする人というのは、心の中に、「まだ何かが足りない」
という意識があるからで、そういう意識が現在の自分の周囲の環境を作っている
ということに気付いていません。


今年は原点に帰り、普段、当たり前と思っていることが、
実は奇跡のようなことなんだ、と実感することがとても大事だと思います。
当たり前のように生活しているけれど、さっき食べたご飯の米は、
自分で作ったものですか?米を作る人、それを流通させる人、販売する人等が
いなければ、食べることは出来ないのです。
今着ている服も、自分で作ったのでしょうか?いくら金があっても、
物が無ければ買うことは出来ないのです。私達は、自分一人だけで生活することが、
いかに厳しく、つらいものであるかを、普段は忘れてしまっているのです

そういう事を常に考えていると、自分という存在は、生きているのだけれど、
本当は「生かされている」ことが理解できるでしょう。私達が生まれきて、
特定の人達と出会う確立などは、天文学的な数字になってしまいます。
つまり、当たり前と思っていたことは、実は奇跡なのです。』


そうすると自ずと感謝の気持ちと御礼の言葉が湧き出てきます。
しかしここで終わりますとネット内で跳梁跋扈しているカルトと
一緒のパターンで終わるのです。

自分の与えられた境遇に感謝したあと「お返し」をしていただきたいのです。
事の大小は関係ありません。出来る事でいいのです。
地球が喜ぶ事をしていけばいいだけだと想うのです。
念仏唱えるだけでは何も変わりません。

平成24年は感謝を行動に移し形にしてお返しして、
素晴らしい1年になればと想いこのテーマとしました。
関連記事

COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://dakimyouga111111.blog.fc2.com/tb.php/31-7b99b763

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

検索フォーム

全国の天気

今日の暦

今東光 「極道辻説法」&「和尚の遺言」

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。