民のかまどはにぎはひにけり

見えないものの検証と、庶民のつぶやき(不定期更新)

10<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>12

自己紹介

抱き茗荷

Author:抱き茗荷
意識の働きや自身のルーツ探しを課題としています。

つぶやき

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家紋「抱き茗荷」

自分が一体どこから来た何者かを知りたいと思う事が
人には必ずやあるものと思います。
それは魂のレベルでいいますと「前世は何だったのか?」
という話になると思います。昨今のスピリチュアルブームも
それを知りたいが為ではないでしょうか。

ただ前世が本当にわかる霊能者と言うのは恐らく稀で
ほとんどは自己顕示型か金儲けが主体となっています。
特にネット内カルトに於いては「ブログ読者を増やす→依存させる→
本を出す→印税生活
」のパターンが王道となっています。

霊能のある人はさておき、そうでない人はやはり血の繋がりを
現在から遡り知っていく事でルーツを辿る事を手法とするしかないです。
そのきっかけとして戸籍謄本や苗字から調べるという手がありますが、
家紋を主体にして遡る事もそれを知る方法の一つといえるでしょう。

自分のルーツを知り何者かを知る事は、必ずやこころを解放に導きますし
ご先祖をより一層身近に感じる事が出来ると確信できます。
私のハンドルである「抱き茗荷」は我が家の家紋から名付けたものですが、
1年程前くらいからこの家紋を紐解いてみようとネットや文献から色々と
調べております。暫くブログはルーツ探しを主体にし、備忘録として
書き記して参ります。

2010_1226_225643-myouga2.jpg

現在「みち」という隔週誌を購読してますが、その中の連載で
「みょうがの旅」のというコラムが連載されていますので
その中の情報からもヒントをいただきながら探っていきますが、
人の褌のみで相撲を取るのではなく、なるべく自分の足でそのルーツを
遡り辿っていき、小分けにしてアップしたいと考えてますので宜しくお願いします。
関連記事

COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://dakimyouga111111.blog.fc2.com/tb.php/49-bf833506

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

検索フォーム

全国の天気

今日の暦

今東光 「極道辻説法」&「和尚の遺言」

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。