民のかまどはにぎはひにけり

見えないものの検証と、庶民のつぶやき(不定期更新)

04<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>06

自己紹介

抱き茗荷

Author:抱き茗荷
意識の働きや自身のルーツ探しを課題としています。

つぶやき

未知の領域からの要請

メディアが真実を伝えず、面白くもないので
現在ではツィッターを情報源の一つとして利用しています。
そのツィッターが最近様子がおかしくなりつつあります。

私は文章が頭の中で図に変換される脳なのですが、
そのツィッターを閲覧してますと、行き場を失った意識の
掃き溜めのようになってきているように感じます。
怒りや失意といったネガティヴな想念が成仏出来ず
彷徨い続ける4次元空間のようなのです。
答え(=神)を求めているのでしょうが、
怒りや失意の中には答えは見つかりません。
同じような念を持つ者を呼び寄せるだけで
前進する事はほぼありません。

怒りというのは未知の領域からの負荷による恐れから来るものです。
未知の領域からの負荷とはまだ見ぬ神からの要請(神計らい)です。

未知の領域

生きている限りこの未知の領域からの要請は続きますが、
これを怒りに変えていては勿体無い事です。
上記の図にもありますように、想定外の負荷は
進化の動機」を与えられていると考える事です。
ネガティヴな波に晒された時、思考をこのように変化させるのです。
勿論負荷が加わるので厳しい環境となりますが、
その負荷の分だけ冷静でいられる限界線は広がります。
その限界線は未知の領域に入る事で答えに近づく事が出来ます。
これが閃きと言えるのではないでしょうか。
いろんなものを発明した人や開発した方々の閃きは
殆どこの厳しい環境にある時だと思います。

未知の領域からの要請はその人に耐えうるものしか来ないものです。
神の要請に応えるか、怒りを以って歯向かうかはその人が決める事ですが、
神に歯向かうという事は自分にそのままそれが跳ね返るという事です。


関連記事

COMMENT▼

初めまして。

初めまして。(でいいんでしょうかね・・・?!)
カメさんの“就職”物語からきたのですが、お気に入りのなかに
ハロさんのブログがあり、私の中ではまったく接点のないお二人を
つなげる、抱き茗荷さんに、興味をもち、なんとなくいくつかの
記事をを拝見していたら、この記事にたどり着きました。

>神の要請に応えるか、怒りを以って歯向かうかはその人が決める事ですが、
神に歯向かうという事は自分にそのままそれが跳ね返るという事です。

すとんと、腑に落ちました。
ありがとうございます。
「怒り(IKARI)」を怒りのままにせずに、「光(HIKARI)」に昇華させていくことが進化なのでしょうね。。。

みちの掲示板もお気に入りに入っている、ってことは、あなたは、もしや、馬・・さんですか?
間違っていたら、ごめんなさい。

Re: 初めまして。

コメントありがとうございました。

>あなたは、もしや、馬・・さんですか?

残念ながら違います、私はその辺に転がっているサラリーマンですよ。
記事はその社会生活から生まれたものです。

恐怖感は知らない事から始まりそれが怒りに変換されますが、
そのメカニズムを知る事で怒る事も減らせるのでは、と考えています。

No Subject

すみません。。。失礼いたしました。

怒りをあらわにする人って、実は小心者なんじゃないか、
とか思ったことがあります。
スピッツの法則といいますか・・・。
自分自身に自信がなかったり不安があるから、怒り騒ぎ、
自分のことを棚上げして、他者に責任転嫁しているのでは
ないかと・・・、そんな気がしています。
「今」をそして自分自身を大切に丁寧に生きていたら、怒り
とは違うものが出てくるような気がします。
要するには、未知のものに対したときに、その人の器が推し
はかれるということでしょうか・・・。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://dakimyouga111111.blog.fc2.com/tb.php/54-3191f308

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

検索フォーム

全国の天気

今日の暦

今東光 「極道辻説法」&「和尚の遺言」

最新トラックバック