民のかまどはにぎはひにけり

見えないものの検証と、庶民のつぶやき(不定期更新)

04<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>06

自己紹介

抱き茗荷

Author:抱き茗荷
意識の働きや自身のルーツ探しを課題としています。

つぶやき

家紋「抱き茗荷」~那須氏と椎葉神楽~

家紋「抱き茗荷」~茗荷と竹~の記事で那須与一との関連を書き記しましたが、
この与一の弟と言われる那須大八郎宗久の伝説の残る民話が
宮崎県東臼杵郡椎葉村にあります。

椎葉「平家落人伝説」より

*****************************************************************
那須大八郎(なすだいはちろう)と鶴富姫(つるとみひめ)の恋物語(こいものがたり)
今から、八百年ほど前のことです。
今の山口県下関の壇ノ浦(だんのうら)では、
平家(へいけ)と源氏(げんじ)の最後の戦いがくり広げられました。
はげしい戦いの末に平家は敗れ、生きながらえた者は、
散り散りばらばらになって、逃げていきました。
そして、ある一行は、けわしい山を越え、道なき道を通って、
ようやく山深い椎葉にたどり着きました。
「ここまでくれば大丈夫だ。敵もこんな山奥までは追いかけてこないだろう」
平家の一行は、ほっと胸をなでおろしました。
しかし、人のうわさは速く伝わるものです。
いつしかこのことは敵方に知れわたることとなり、
源氏の総大将、源頼朝(みなもとのよりとも)は、
家来の那須与一(なすのよいち)に追い討(う)ちを命じました。
ところが、与一はこのとき病気にかかっていたので、
代わりに弟の大八郎が椎葉に向かいました。

しばらくして、ようやく椎葉にたどりついた大八郎でしたが、
そこで目にしたものは…、戦う気持ちを忘れたかのように
一心に畑をたがやす平家の人々でした。
「ここにいる者たちは、もはや源氏に対する憎(にく)しみや敵意などもっていない」
そう感じた大八郎は、「椎葉の平家の残党(ざんとう)は一人残らず討ち果たしました」
と、頼朝にうその報告をした後、この地に屋敷(やしき)を建て、
これからもこの場所で生活していこうと決めたのでした。
それからというもの、大八郎は、平家の守り神をまつる神社を建てたり
、平家の人々に農業を教えたりと、彼らの生活を助けながら、ともにくらしていました。
その後、しばらくして大八郎は平家の「鶴富」という名の美しい姫と出会いました。
静かな山里で親しく話をするうちに二人の間に恋心がめばえました。
 しかし、二人は源氏と平家のかたき同士です。
 最初、二人は人目をさけて会っていましたが、そのうちに大八郎は
愛する鶴富姫と生涯(しょうがい)をともにすることを決めました。
二人の結婚を村中が祝福しました。

鶴富屋敷
※上図は二人の愛の巣「鶴富屋敷」

しかし、幸せな日々は長く続きませんでした。ある日のこと、大八郎に、
「すぐに椎葉を離(はな)れ、戻ってくるように」との命令がおりたのです。
そのとき、すでに鶴富姫のお腹(なか)の中には大八郎の子がやどっていました。
しかし、命令ですから大八郎はもどらなければなりません。
いよいよ椎葉の地を離れる日がきました。
大八郎は鶴富姫に向かって、
「とうとう、この日がきてしまった。おまえのお腹の子は確かに私の子だ
。もし、生まれてくる子が男の子なら、私のふるさとによこしなさい。
もし、女の子ならこの地で育てるがよい」
と言い残すと、親と子の証拠の品として、刀を与えました。
大八郎が椎葉の地を離れた後に、鶴富姫は出産しました。生まれた子は女の子でした。
母となった鶴富姫はその子を大切に育て、その子が成長すると婿(むこ)を取りました。
そして、愛してやまない大八郎の「那須」の姓を名乗らせたといいます。
*****************************************************************

お気に入りの民話ですので全掲載しました。
勿論、実際に起きた事に対し多少の脚色はあるでしょうが、
この椎葉村も和歌山県田辺市同様、那須姓が多く、
民話の信憑性は高いと思われます。
下のマップは那須姓上位5県です。
同姓同名探しと名前ランキングより集計)

那須姓分布図上位5県

この椎葉村には国指定文化財となっています椎葉神楽というものがあります。
この椎葉神楽は椎葉という秘境にあるが故の特徴として
明治の廃仏毀釈の影響などをこうむるところが少ないとの事。
もしかすると当時の時間がそのまま残されている貴重な土地である可能性があります。

この神楽や能といった古来の芸能と、茗荷紋は深い関わりがありますが、
和歌山の那須八幡神社の舞、椎葉神楽といい那須氏と茗荷紋の関連は
今後も研究の価値ありといえそうです。


関連記事

COMMENT▼

No Subject

今晩は
通りすがりのものです。
我が家の家紋も抱き茗荷です。
丸に抱き茗荷ですが。。。

我が家のルーツは、善光寺守護(だったかな。。)、戦国武将 栗田氏と関係があると言われています。
ただ直接の血縁はないようですが。。。家紋も違いますしね。

ルーツをたどるのって難しいけれど、面白いですね。
興味深く読ませていただきました。

Re: No Subject

コメント有難う御座いました。
仰せの通り、ルーツ探しは奥が深すぎてゴールが視えません…。
なので尚更好奇心は刺激されますね。

善光寺の事を知りませんでしたので検索してみました。
抱き茗荷を調べるに当たり天台宗はよく出てきますので
矢張り関係があるのでしょう。

こういった情報は大変貴重で有難いです。
文献も確かに参考になりますが、過去にも
こういった人対人のやり取りに大きなヒントが
多々ありました。

また気づき等ございましたら宜しくお願いします。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://dakimyouga111111.blog.fc2.com/tb.php/56-1f08a189

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

検索フォーム

全国の天気

今日の暦

今東光 「極道辻説法」&「和尚の遺言」

最新トラックバック