民のかまどはにぎはひにけり

見えないものの検証と、庶民のつぶやき(不定期更新)

06<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>08

自己紹介

抱き茗荷

Author:抱き茗荷
意識の働きや自身のルーツ探しを課題としています。

つぶやき

家紋「抱き茗荷」~備忘録~

お盆の期間中、このカテゴリーへのアクセスが一時的に増えました。お墓参りで墓標に刻まれている家紋を見て自分のルーツ探し覚醒された方が増えたのかな?と解釈しております。これまでいくつか茗荷紋に関する事を記してきましたが、全くのド素人の状態から調査を始めた事もあり、行き詰まりを感じていました。

そこで、ある方の紹介で今年の夏より、家紋について詳しい方より薫陶を賜る機会を与えて戴きました。これも神計らいであり、お役割かなと思い、この内容を一人で独占せず、共有出来るモノは共有していき、ここで記した事がこころの解放に繋がる事が出来ればと思い、いただいたヒントを備忘録としてここに記します。

興味のある方は、この情報は参考としてとらえ、自問自答して自分のモノにして頂きたいと思います。この欄は備忘録として使用しますので随時追記していきます。

家紋は「藤・橘・源・平(とうきつげんぺい)」に大別できる
・そのうち茗荷紋は藤原の部類に入る。家紋の形状が似ている事も一つのヒント。

藤紋

茗荷紋

家紋を調べるにあたり肝心な事、それはその植物を観察する事。
・例えば、茗荷は場所を選ばずどこでも生える、便所の裏でも生える。
=周囲の環境に惑わされない性質を持つ→権力に折れない。

(個人解釈)遺伝が植物→動物へと変位した事を想像させる。ダーウィンの進化論が嘘である事は最近有名だが、植物からという発想で、新たな思考回路を創造する楽しみがある。
関連記事

 | ホーム | 

検索フォーム

全国の天気

今日の暦

今東光 「極道辻説法」&「和尚の遺言」

最新トラックバック