民のかまどはにぎはひにけり

見えないものの検証と、庶民のつぶやき(不定期更新)

06<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>08

自己紹介

抱き茗荷

Author:抱き茗荷
意識の働きや自身のルーツ探しを課題としています。

つぶやき

五十音に宿る意

ここ数年タマコトに嵌まっておりまして、特にその中でも今一番惹かれているのが五十音一つひとつに意味があるという事です。数冊の書物から「これは的を得ているなぁ~」と思ったものや自分で閃いたものを記録として残しておきたいと思います。(家紋の研究は最近行き詰っている… (^^;) )

日本語でも言える事をいちいち英語に変換して知(痴?)をひけらかす御仁が増殖している今日此頃、我が国の言葉を見つめ直し日本語の趣の深さを知っていただければ幸いです。

なお、タマコトの解釈は訓読みのみであります。音読みは古来の日本には無かったものと思われますし、これもあまり使い過ぎますと、英語と同様文章が難しくなり、これもまた知をひけらかしているような感じになりますのであまり考えないようにしているのです。(訓読みが多すぎると、文章が子供っぽくなったり長文になるという難点はある)

かといって、音読みも日本語で発声すると意味を持つかもしれませんので否定するものではありません。例えば、「共産党」という言葉がありますが、強酸党だから酸性(賛成)を必要としないとか…w(これはダジャレになるのか?)

戯言はそれくらいにして、本日は「」について書かせていただきます。
「ネ」は父音「」、母音が「」であります。

まず、父音のヌについては「目に視えない世界」の元素との事。(「相曾誠治著 超古神道Ⅰ・Ⅱ(山雅房)」より引用)
例えば、「盗む」については、あったものが無くなってしまう、人の見てない場所でやられる、という意味では当てはまっております。
他にも、「縫う」も、生地を見え隠れしながらおこなう作業ですね。因みに「ウ」は下から上がってくる気であり、忽然と姿を現すことを意味するそうです。とても理にかなっているのではないでしょうか。
私が見つけた該当する単語はやはり「ヌード」ですね(笑)残念ながら、なかなか見る機会はございません… (^^;) 「ヌ」本来の意味合いが生き続けております。
他にも「塗る」「濡れる」等があります。

続きまして、「エ」です。
「エ」は『気の開く形を指している』との事。(引用 同上)
この「ヌ」という視えない世界で「エ」をもって気を開いたものが「」となるそうです。

「エ」の応用として、マ行の父音「ム」ですが、可視界である物質世界を指すそうです。
この気が開くと「目」となり「芽」となる、というわけです。

興味が無い方からすれば「だから何なんだ?」という内容ですが、自分の名前への影響や住所で考えますと案外面白いモンです。
関連記事

COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム | 

検索フォーム

全国の天気

今日の暦

今東光 「極道辻説法」&「和尚の遺言」

最新トラックバック