民のかまどはにぎはひにけり

見えないものの検証と、庶民のつぶやき(不定期更新)

06<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>08

自己紹介

抱き茗荷

Author:抱き茗荷
意識の働きや自身のルーツ探しを課題としています。

つぶやき

多なるもの 一なるもの

トンデモ系のはなしになりますが、20代前半のある夜、当時半同棲していた彼女の家に向かおうと車に乗って『さあイクか! 行くか!』と思った瞬間にufoらしき何者かに光を当てられた事があります。一瞬目が眩みましたが、車窓から夜空をすぐ見上げるとオレンジ色の光が物凄いスピードで蛇行しながら遠くに消えていった事を確認しました。今だに『なぜ光なんか浴びせたのだろう…』と思っていますが、特にこだわってはいません。もしかしたら私のやましい気持ちに喝を入れただけかも知れませんw

なぜこのような話になったかと申しますと、飯山一郎氏のブログで知ったのですが、一部で「ハマッキー」という名の宇宙船が台風を消しただのという話題が拡散しているという事を知ったからであります。

私自身は事実ufoらしきものを見ておりますので実在を認めているわけですが、この話を知った時にすぐ感じたのは一神教の大好きな「空中携挙」でした。時代が混沌としてきますと、人は何かにすがらずにはいられなくなるものですが、いつの時代もこの他力本願発想は変わりませんね…(溜息)

「多なるものが一なるものへ向かう」支配方法はカルト宗教や某アイドル事務所の雰囲気が漂いとても古臭さを感じずにはいられません。この図式は男性が女性を支配する手段の一つで、セックスに於いて精子という多なるものが卵子という一なるものに向かうのと同様ですね。多なるものの動機が結果を左右する事になります。

ここ数年の現象から見るに、すでに上から押し付ける管理・方法は通用しない時代が来ていると思います。男は草食(装飾)化し、女性が肉食化している時点で現象として顕れています。

「古事記の時代は終わった」という話を聞いた事がありますが、“おみな(女)”が“言先立つ”時代になり、半田広宣氏が言うように、『世の中は反転を始めているのかもしれない』とふと感じました。ついこの前、ブログに古事記を薦めた文章を書いたばかりですが、古事記を追究した事が古事記の終わりを感じるきっかけになったのかと思うと不思議な気持ちです。
関連記事

COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム | 

検索フォーム

全国の天気

今日の暦

今東光 「極道辻説法」&「和尚の遺言」

最新トラックバック